給料日前で、旅費が足りないかも、出張費が足りない、セールまで待てない、後輩との飲み代が...。

> 引越しの計画を立てて不動産屋に!いざ契約するときにお金がたりない。

引越しの計画を立てて不動産屋に!
いざ契約するときにお金がたりない。

引越しの際には少しまとまったお金が必要ですね。
必要なお金をまとめてみます。

  • 敷金
  • 礼金
  • 前家賃
  • 仲介手数料
  • 鍵交換費用
  • 引越し

細かく言えば、家具代や家電などありますが、後で購入でも大丈夫なので、省きます。
ほぼ必ず必要なお金が上記の項目ではないでしょうか?
基本的には敷金2ヶ月、礼金1ヶ月、前家賃1ヶ月、仲介手数料1ヶ月、
鍵交換費用15000円、引越し15000円~10万円

引越しを除いた額が契約時に必要で大体家賃の5、6ヶ月分あれば足りると言われています。

今回7万円の物件に住むことを仮定した場合7万円×5=35万円+α用意しておけば大体大丈夫です。

この状態で不動屋に行くとおおよそ大丈夫なのですが、
足りない場合があったりします。

不動産屋に行くと、大体の予算を聞かれ、その値段に合う物件を探してくれます。
ただし、予算以上の物件も必ず出してきます。7万円の物件と7万5千円の物件、6万5千円の物件
と言うような感じで進めてきます。

どう感じるかは価値観の違いなのですが、
7万円の物件よりも7万5千円の物件の方が良い場合が多いので
予算オーバーしてしまうのは分かっていても7万5千円の物件に住みたくなるものです。
7万5千円×5ヶ月=375000円 35万円しか用意してなくて25000円足りない。
こういった場合どうしたらよいでしょうか?

親、友人に頼む、緊急な場合はキャッシングも!

不動産屋さんの繁忙期で他にも自分が気に入った物件を気に入っている人がいる場合など、
すぐに決めないと次の人にとられてしまいます。
なので、どうにかお金を用意した方がいい!
すぐにお金が必要な場合もあるので両親、友達など間に合わないことが多かったり、頼めなかったり。

そんな時にはキャッシングを利用するという手があります。
25000円ぐらいであれば、次の給料日で返済できますし、
初めてであれば、短い期間のキャッシングは無利息で!でも触れましたが、
返済できる日にちを考えて1週間無利息や30日無利息などを利用すれば、
無利息で借入できます。

また、即日融資に対応しているのでその日にお金を用意できます。